忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局はグレーゾーンか


「準個人情報」は、グレーゾーンのデータが対象だそうです。は・・・?、免許証番号はグレーゾーンじゃないでしょ、アレだけ情報が特定できるんだから。今の所グレーゾーン対象の情報は、端末ID、 顔認証データ、位置情報、メールアドレスなどだそうです。新設される「準個人情報」の取り扱い方ですが、分類を新たに設け、一定条件を満たせば利用できるように制度改正、■目的外利用はあらかじめ公表したうえで利用可能、■第三者への提供は本人の同意を得るか、匿名化の加工を行えば可能。・・・守るはずないじゃん企業が。以前の記事にも書きましたが、組み合わせ次第では個人を特定することが可能なのがビッグデータなのですから。
これをグレーゾーンにされてしまうとたまったもんじゃありません。だいたいビッグデータを活用する理由は、販促ですよね?。Web広告に表示させたりする目的。もしくは支配するために各々の行動情報を蓄積しているのかは謎ですが。

コンテンツSEO(内部対策)サービス料金
コンテンツSEO
企業Webページの上位表示
ユルイキーワードで被リンク対策
検索アルゴリズムに対応
検索順位を上げる
URL 上位表示
被リンクで安定1位成功
被リンク業者
SEO集客
被リンク
月間検索数の少ないスモールキーワード
中小企業 ウェブ 格安
検索エンジン最適化
Google上位表示
PR

個人情報の新区分浮上


2014年5月26日の日本経済新聞にビッグデータに関する記事がもう一つ載っていました。“「準個人情報」新区分が浮上 メールアドレスや駅の乗降履歴など”という見出しの記事です。うちがこの記事で注目した箇所があります。土曜日に体験したばかりなので食いつきました。「免許証番号やメールアドレスなど取扱次第でプライバシー侵害の可能性」という所です。土曜日にライブ前にカラオケに行った時の事、入店時に免許証の番号を控えられました。それがずっと気になっていて、免許証番号で何が分かるんだ・・・?と検索してみました。
・・・コレは・・・、けっこうな情報が割れるな・・・。ネット上には免許証の番号に関する情報が結構ありましたから、免許証の番号を控えられたら、その番号が何を表しているか知っている人に知られたら出身地などがばれるのです。記事によりますと、免許証番号やメールアドレスなどのデータは「準個人情報」として分類して保護するらしいのです。

検索エンジン最適化、上位表示サービス料金
検索アルゴリズムに最適化
港区 検索上位
サイト内部対策能力引き上げる
外部SEO 検索順位
検索上位表示までの流れ
検索 URL年齢
低価格 検索 被リンク対策
SEO代行
外部被リンク Yahoo検索
コンテンツ 内部スコア
検索順位回復
被リンク対策
SEO 相談

公共料金収納代行の始まり


2014年5月26日の日本経済新聞の朝刊に載っていた記事で、今や当たり前になっているコンビニエンスストアの公共料金の収納代行の歴史を知ることが出来ました^^。記事タイトルは“「組み合わせの妙」が商機”にという記事です。記事によりますと、80年代の電力料金の徴収は金融機関に依存していたそうです。東京電力は現金払いの利用者の扱いに頭を悩ませていたのです。なぜなら当時の銀行の営業時間は午前9時~午後3時が一般的な時代。期日までに支払えない未納者が発生。悩んでいた東京電力に助け船を出したのがセブニレブン。請求書に利用者番号や請求金額などの情報が入ったバーコードの印刷を提案したのだそうです。
そうすれば、店頭で読み取ることができ、普通の買い物と同じように支払いができるようになると。結果、未納率が劇的に下がったとのこと。更に収納代行業務の蓄積は、世界初のコンビニ銀行、セブン銀行の誕生にもつながったのだそうです。セブン相変わらずやるなぁ♪。

IPアドレス分散被リンクサービス
検索対策 IP分散
Google検索エンジン 被リンク
ホームページの検索対策
割安 検索エンジン集客
上位表示維持
検索で集客できる状態を作り出す
中野区 上位表示
致命的なペナルティの回避、検索
被リンク獲得代行
被リンク対策
非常に安くあがる検索エンジンサービス